×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

しみが出来る原因について

しみが出来る原因は?

しみは皮膚のメラニン色素の沈着です。
そばかすもしみと同じものでやはりメラニン色素沈着です。

 

紫外線が当たると皮膚の細胞が傷んでしまうので、
それを防ぐために皮膚自身がメラニン色素を作るのですね。

 

黒くなることで深いところまでUVが届かないようにする、
いわば天然のUVケアです。皮膚賢いですね。

 

で、日差しが強ければ黒くなってUVケアしますけど、
そうでない時期は必要ないので、夏が終わって秋になると
皮膚の新陳代謝が良ければきれいな白い肌に戻ります。

 

新陳代謝が良ければね。。。

 

しみ対策には健康な生活を

 

そうなんです、皮膚にしみができるということは、
皮膚の新陳代謝が悪くなってるということなのです。

 

メラニンがどうして沈着しちゃうかというと、
皮膚の細胞が入れ替わり損ねてそのまま残ってるからです。

 

古い細胞は・・・・細かいことは省きます(笑)。

 

どうして新陳代謝が悪くなるかというと、
年齢にもよりますし、若くても徹夜明けで体調が悪い時や、
お酒ばっかり飲んでビタミンも足りなくて、
そういう時に日焼けするとてきめんです。

 

でも、日焼けしちゃったらしょうがないですね。
そのあとはUVケアをしてそれ以上日常で日焼けするのを防ぎつつ、
美白剤で皮膚の回復を図ってください。

 

美白剤はいろいろありますけど、
メラニンを作りにくくする作用のものが基本です。
しみ・そばかすの場所でそれ以上メラニンを作らない。

 

そうしておいて自然にメラニンが皮膚から消えるのを待ちます。

 

いらいらしますか?

 

そういう方は美容形成外科に相談してみてください。
レーザー治療でしみやそばかすを治療することができます。

 

でも、どちらにしても毎日のUVケアは忘れないでくださいね。