×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホクロのレーザー治療について

ホクロのレーザー治療について

「ほくろを取る一番お勧めの方法は何ですか?」

 

15年ほど前、知り合いの皮膚科の先生にそう尋ねたことがあります。

 

実は私、あごの左側に直径7mmのほくろがあるんです。
演歌歌手の石川さゆりさんみたいなやつです。

 

ずっと気になってるけど、ホクロさんとは長いおつきあい。。。

 

 

「それはあなた、外科的に切るのが一番ですよ。
 それも皮膚科や美容整形の医者に切ってもらいなさい。」

 

「でも先生、ほくろを取るだけといっても手術って痛いんでしょう?
 それにホクロは消えても手術の跡が目立ちそうでいやだわ。」

 

「麻酔するから麻酔の注射は痛いけど、
 手術のときは痛くないですよ。
 終わったら痛いかな。
 ホクロの手術痕は医者の腕次第ですね。」

 

 

手術跡が医者の腕次第って、
そんなのどうやればわかるんだか。

 

だから気にはなっていたのですが、放置していました。

 

レーザー治療でホクロは取れる?

 

それが先日、数年ぶりに高校の同級生に会ったらびっくり。

 

彼女は鼻の横に直径5mmぐらいのほくろがあったのですが、
それがきれいに消えているし、何の跡もないじゃないですか。

 

 

「え?どうしたの?どうやってとったの?跡もわからないわ。」

 

「毎日根気よくいぼとり薬塗ったのよ。」

 

「えええ!うそ!そんなにきれいに取れるの?」

 

「・・・うそよ。レーザー治療でとってもらったの。」

 

「レーザー治療?」

 

 

ホクロのレーザー治療のこと、
実は雑誌の広告なんかで知ってはいたんですが、
詳しくは調べていませんでした。

 

なんだか手術よりさらに怖そうなんだもの。

 

 

「レーザー光線ってSF映画で人工衛星撃ち落としたりするあれよね?」

 

「そうそう、あれよ。でも、人工衛星のあれじゃないの。
 もっと小さくて精密な医療用の機械があるのよ。」

 

「え〜〜〜?でもなんか怖いなあ。」

 

 

彼女いわく、レーザー治療機はいまや皮膚の美容整形では
メスよりも多い回数使用されていて、安全性も高いとか。

 

ホクロのレーザー治療はとても簡単な部類で、
しみ・そばかすや毛穴の黒ずみもレーザー治療できるそうです。

 

 

「あなたもホクロだけじゃなくて
 頬骨のところのくすみも取ってもらったら?」

 

「えええ!ファンデしっかりしてるのに、ばれてた???」

 

「ばればれよ(笑)。でも、ほんとに悩みなくなるわよ。」

 

 

そうかなあ、そうなのかなあ。
レーザー治療でほくろもシミもとれるのかなあ?

 

どう思います?
気になるけどやっぱり不安はありますよね。

 

お肌にレーザーを当てるわけですから、
やっぱりちゃんと下調べをしてからホクロのレーザー治療を受けましょう。