×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

しみ・そばかすのレーザー治療ついて

しみ・そばかす・ホクロ・いぼのレーザー治療

しみやそばかすはレーザーで治療できるってご存知ですか?

 

しみ、雀斑(ソバカス)、黒子(ホクロ)、疣(イボ)は
いずれも皮膚の表面の異常です。そして見た目で困った問題ですね。

 

顔の目立つところに有ると、それだけでマイにつが憂鬱な気持ちになります。

 

ホクロや疣はどうしようもないのですが、
シミ・そばかすはUVケアをきちんとすれば・・・

 

でも、注意していても出来るときには出来てしまいます。
UVケアで防ごうとしても体質によるできやすさの問題も有りますから。

 

そばかすだらけの白人女性が多いことからも明らかなように
日本人でも色の白い人はそばかすが出来やすい人が多いようです。

 

注意していても出来てしまったシミ・そばかす。
どうして出来たんだかわからない疣にホクロ。
これらの皮膚の問題はでも、いくつかの治療法方が有ります。

 

しみやそばかすはスキンケアで治る

 

薄いシミやそばかすは丁寧で適切なスキンケアで治せます。
特に若いときに出来る薄いシミやそばかすは比較的楽に治ります。
皮膚の新陳代謝を活発化させることで、
メラニンの染み付いた皮膚を浮き上がらせて排出することが出来ます。

 

しかし年月を重ねてしまった濃いシミや、
何十にも重なってつながったソバカスなどは少々手ごわいですね。
メラニン色素の存在する範囲が広くて深いので
スキンケアだけではなかなか綺麗に治せません。

 

ホクロや疣はスキンケアでは治せませんね。
これは真皮の色素細胞の塊だったり、
表皮全体の増生だったりしますので、
何らかの手段で取り除くしか有りません。

 

これらの4つの疾患のいずれに対しても、
効果的で有る可能性が高いのがレーザー治療です。
レーザー治療によるこれらの疾患の治療は
メラニン色素がレーザーの光を集めやすい性質などを利用して、
病変部だけをレーザーで焼くものです。

 

最近のレーザー機器はきわめて高性能になっており、
皮膚科だけでなく、美容形成外科でもスキンケア専門のところなど、
レーザー治療の皮膚疾患への応用はどんどん拡大しています。

 

レーザー治療が万能とは言いませんが、
かなりの皮膚の問題が解決出来ます。

 

悩んでいないで、美容外科や皮膚科を探して受診してみてください。
明るい明日が見えるかもしれませんよ。