×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

しみやそばかすの予防について

しみやそばかすの予防

シミができにくい若い肌にすることができれば、
もう、夏の日差しで悩むことはありませんよね。

 

紫外線がいくら当たっても、軽いUVケアをしておけば、
若い肌なら日焼けして真っ黒になってもメラニンは角質ごとぽろりと取れます。
シミやそばかすにおびえることはありません。

 

では、シミができにくい若い肌にすることはできるのでしょうか?

 

正確に言うと、完全に若い肌にすることはできません。
ですが、若い肌の持つ長所を部分的に取り戻すことはできます。
そのためにはどんなことが有効でしょうか?

 

 

しみやそばかすを作らない方法

 

まずは肌の保湿です。
若い肌と年老いた肌の最大の違いはそのみずみずしさにあります。
肌に水気があれば見た目も違いますが、なによりも光を通しにくくなります。

 

それだけでもシミやソバカスはできにくくなります。

 

ですから、肌の保湿を保つクリームや、化粧品、
そういうものを選んで、常に皮膚の保湿ケアをすることが第一に大切です。

 

 

次は肌の新陳代謝です。
若い肌では28日で皮膚の組織はすべて新しい細胞と入れ替わってしまいます。
それだからこそ、日焼けしてもすぐ白く戻るし、
ましてや日焼け跡にシミが残るなんてことはありません。

 

その新陳代謝を促すには規則正しい生活と十分な睡眠は必要条件ですが、
それだけではなくて、ビタミンCを摂取することも効果的ですし、
ビタミンCの含まれた乳液や、
プラセンタエキスの含まれた化粧水でスキンケアすることも効果的です。

 

これらのトリートメントは皮膚の新陳代謝を活発にしてくれます。

 

 

そして最後に、美白剤など、
メラニン色素産生を抑えるものを考えてください。

 

カミツレ油、コウジ酸、ハイドロキノン誘導隊、エンドセリン誘導隊、
などなど、美白剤には様々な成分が含まれています。
これらは皮膚に作用してメラニン産生を抑えますので、
シミができても薄いままで次第に回復していく作用を持っています。

 

 

水分補給、新陳代謝亢進、そしてメラニンブロック。

 

この三つの方法で、
シミのできにくい若い肌をとり戻してください。