×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メラニンが出来る原因について

メラニンが出来る原因

メラニンは皮膚の黒い色素です。
メラニンが増えるから黒いシミになっちゃうんです。
どうしてこんなものができちゃうんでしょうか?

 

皮膚が刺激を受けるとメラニンできちゃうんです。

 

「知ってるよ、日焼けの紫外線が悪いんでしょ、
 だからUVケアをしておけばメラニンできないんだよね。」

 

これはだけ半分正解です。

 

メラニンは紫外線を浴びると、浴びた皮膚が一生懸命つくります。
でも、それだけじゃなくてね、機械的な刺激でもできちゃいます。

 

たとえば女の人ではあまりいないのですが、
おなかがぽってりしてきた中年男性なんかだと
ウエストのベルト周りの皮膚が黒ずんできます。

 

それはベルトでずっと締めてるところの皮膚がすれて、
その刺激で皮膚がメラニンを作っちゃうのです。

 

だから、女性でもひょっとして
体のサイズに合わない下着を無理してきていると
メラニンできちゃいますよ。

 

頑固なシミになる前に

 

そういうところでできたメラニンはけっこう頑固なシミになります。
それもその辺り一帯がうす〜くひろ〜く黒ずみます。

 

だから、お勤め中とかはしょうがないけど、
お家ではそういう刺激から解放してあげてくださいね、
あなたの大事なお肌です。

 

日焼けしないようにUVケアをする。
機械的刺激を避けて正しい下着をつける。
ついでに言えば、お肌に合わない化粧品はすぐやめる。

 

そうやってお肌を心静かにしてあげれば、
メラニンはあまり作られません。

 

できちゃったメラニンも、きちんとスキンケアをすれば
次第に減らすことができます。

 

メラニンの原因をおさえてしみのない肌を目指しましょう。