×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シミの原因はメラニン?

シミの原因はメラニン?

シミの原因はメラニンという色素が皮膚の組織に沈着することによります。
メラニンがどうして沈着してしまうのかといえば、様々な理由があります。

 

私たちの肌の組織は毎日生まれ変わっています。
肌の生まれ変わりは、正確に言うと約30日かかります。
30日で完全に新しい細胞と入れ替わってしまうのですね。

 

30日で入れ替わってしまうのに、
どうしてメラニン沈着は取れないのでしょうか?

 

実は、メラニン色素が沈着した場所の皮膚では
肌の組織の入れ替わりがスムーズに行われていません。
皮膚の組織が障害を受けているのです。

 

皮膚の組織が障害を受ける最大の理由は紫外線です。
そうです、お日さまから降り注ぐ紫外線です。

 

夏が過ぎてふと気がつくと小さなシミが!
ということありませんか?

 

もちろん紫外線だけでなく、
女性の場合はホルモンバランスの乱れや、
過労や睡眠不足による肌荒れ、化学物質による障害、
また、考えたくないけど皮膚の老化などで
皮膚の組織は傷み、メラニンは沈着しやすくなります。

 

でも、すべてにおいて紫外線が絡んでいると思ってください。

 

日焼けサロンの紫外線照射装置がありますね。
あれなんか、メラニン色素が増えるUVAという紫外線を
太陽の数倍の強さで照射してくれるのですが、
肌が弱かったり不摂生だとシミになること間違いなしです。

 

紫外線がしみの原因

 

紫外線を受けると、私たちの皮膚は障害を受けます。
それと同時に、防御反応として黒い色素メラニンを産生します。

 

メラニンで皮膚を黒くしておけば、紫外線は入ってこれませんから、
皮膚は必死でメラニンを作ってUVケアしてくれるわけです。

 

日焼けが黒くなるのにに時間がかかるのは、
皮膚がメラニンを作るのにある程度時間が必要だし、
しばらくずっと作り続けるからなのです。

 

美白剤はそのメラニンを作る働きをブロックする成分を含みます。
だから日焼けした後に塗り続けることで、
メラニン産生を防いでシミができるのを防いでくれるのです。

 

ですから、シミができないようにするには

 

  • 紫外線に当たらないようにするUVケア
  • 紫外線にあたった後はメラニン産生ブロックの美白剤、
  • そして基本は睡眠と栄養をたっぷりとること。

 

この三つがしみ対策の基本となります。