×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホクロ取りとそばかす治療について

ホクロ取りとそばかす治療

ホクロとそばかすと、どっちが困りますか?

 

「ホクロもそばかすも顔にたくさん有るのは困ります!」

 

あ、そうですね、すみません。

 

ホクロは泣きぼくろとかモテぼくろだとか
昔はできる場所によってはチャームポイントのように言われていました。

 

ホクロは生まれつきあるものではないのですが、
生まれてしばらくするとできてきます。

 

これは皮膚の色素細胞という、メラニンを作る細胞が
そこに集まってしまうためにできるもので、理由はわからないです。

 

でも、べつに悪いものではないから
ホクロを無理にとる必要はないのです、でも、

 

ほくろもなければない方がいいですよね。

 

ホクロ取りにはレーザー治療

 

ホクロをとるためには以前は外科手術で取るか、
薬品で色素細胞を殺してはがすかしていましたが、

 

最近ではずっと簡単になってきています。

 

美容形成外科に行く必要はあるのですが、
美容形成や、美容とスキンケアに重点を置いている皮膚科では、
切らなくても、レーザー治療でほくろを取ることができるのです。

 

レーザー光線が色のついた部分に強く集まるので、
ほかの細胞を傷めずにホクロだけを消すことができます。

 

画期的ですね。

 

実はそばかすも同じようにレーザー治療で治すことができます。
そばかすはシミと同じで、表皮にメラニン色素がたまったものですが、
その場所の表皮をレーザーで治療することができます。

 

でも、ホクロもそばかすもシミとは違ってあなたの個性ですから、
鏡を見て、いろいろ、コーディネートしてみてください。